わかる!イオン銀行住宅ローン

生活福祉資金貸付制度とは

 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者、高齢者、障害者の生活を経済的に支えること、また、在宅福祉や社会参加を促すことを目的としたものとなっています。 ちなみに、貸付を受けた世帯への相談支援も地域の民生委員が行っているそうなので、そういうものを利用するというのも方法でしょう。近年では平成21年に制度の改正が行われました。 そこで、この制度についてちょっとだけ。

 貸付対象は上記でも書いたように、低所得、障害者、高齢者の世帯です。低所得世帯は資金を他から借りることが難しい状況であり、貸付により独立自活出来る世帯であること。 障害者世帯は障害者手帳などの交付を受けていること。高齢者世帯は65歳以上の高齢者がいる世帯であること。これらが基本的条件となっています。 また、貸付資金は総合支援資金が新設され、福祉資金は従来通り、旧修学資金は教育支援資金と、旧長期生活支援資金と旧要保護世帯向け長期生活支援資金は不動産担保型生活資金と名称変更されています。 また、今までは連帯保証人が必要でしたけども、現在では利子を払えば連帯保証人無しでも借り受けることは出来るようになりました。年率1.5%だそうです。 保証人がいれば無利子だそうです。申し込みたい人は、在住の市区町村社会福祉協議会に相談してください。

ビキニライン対策 脱毛器