イオン銀行住宅ローン審査は甘い?厳しい?

イオン銀行住宅ローンは審査通りやすい?

銀行の住宅ローンでどこが一番負担が少ないのか、ネットで探していたら・・イオン銀行住宅ローンを見つけました。 イオン銀行でも住宅ローンを扱っているんですね。 イオン銀行は金利が低いので、ローンを組む場合、金利負担はかなり少なくなるでしょうね。

住宅ローンって、金融機関によってかなり差があるので、情報を集めて賢い選択をしないと、後で後悔することもあるんじゃないかな。 イオン銀行なら最初の1年間は0.8%の固定金利が実施され、それ以降は店頭表示利率よりも最大で1%も引いてくれるとか・・。 1%って大きいですよね。

住宅ローンは借入額が大きいので、金利差がわずかでも、トータルの支払いに大きな差が生まれるんですよね。 それから、イオン銀行住宅ローンは、諸費用で一番お金がかかる保証料も不要なんだとか。 保証料って数十万もしますからね。 保証料不要なら、借り換えだって気軽にできるんじゃないでしょうか。もしイオン銀行で住宅ローンを組んでみたいと思ったら、ホームページで返済額のシュミレーションをして、資金計画を立ててみるといいでしょうね。

これくらい借入したら、月々の返済額はどれくらいになるのか・・返済シュミレーションでは、その数値がハッキリ出てくるので、負担になる借入かどうかをすぐに判断できますよね。イオン銀行のインストアブランチなら、他の金融機関が休みになっている土日祝日はもちろん、年末年始やゴールデンウィークも、午前9時から午後5時まで開いているので、相談だって申し込みだっていつでも可能なんです。 こういうサービスってうれしいですね。

会社が休みの土日に相談できて、申し込みもできるから、平日は仕事で忙しい人でも、休みの土日にローンについてゆっくり検討することができますよね。 もちろん住宅ローン以外の相談だってできるので、気軽な気持ちで預貯金のことや将来の資金計画など、色々と相談に乗ってもらうといいかも。 年中無休というのは、顧客本位で素晴らしいサービスですね。

その点は他の銀行と大きく差がつくところでしょう。 住宅ローンの事前審査についてもインターネットでできるし、それで承認されれば本審査の書類が送られてきて、必要書類と共に返送して融資を受けられれば、契約手続きをするという流れなんです。 今まであまり考えたことのなかったイオン銀行の住宅ローンだけど、調べてみると、手軽で便利でお得感満載かも。 イオン銀行も外せない銀行になりました。

イオン銀行住宅ローンのメリットとデメリット

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのがイオン銀行住宅ローンです。

とても簡単に申請でき自宅近くの銀行などでも受付可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて確定申告で申告しなければいけません。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

原則として、決められた期間で申し込むのですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、手数料が出来るだけかからない銀行で選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

自分の家が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

多くの銀行で申し込みができるので評判が良い所を探したいですよね。

その時参考になるのが、インターネットの口コミサイトです。

サイトには資金調達の事だけでなくお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって貴重、かつ良い参考になると思います。

マイホームの為に思い切ってイオン銀行住宅ローンを申込みしたけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

イオン銀行住宅ローンの審査は甘い?口コミどう?【審査基準緩いは本当?】

理由として考えられるのは以下のような方です。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今月中に申込みをされると特典もあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかにイオン銀行住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は申請する際に火災保険に加入する必要があります。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

とはいえ、絶対に家事にならないとは言い切れないですしこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していれば貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

イオン銀行住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

銀行や信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども判断材料になりますからもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをした方が良いと思います。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受け付けることができます。

だけども、どの場合でも審査があり申し込めば通過するといった物ではありませんので、注意してください。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

イオン銀行住宅ローン